ホスピスがある病院

厚生労働省の認可を得られないとホスピスやホスピス病棟を持つことが出来ないようになっています。現在ホスピスやホスピス病棟を持つ病院は日本全国にわずか230ほどしかありません。

 

このため常に多くのホスピスの求人情報を得られるかといえばそうではないこともあります。今後はその数が増えていくことに期待が寄せられています。

 

現在、ホスピス病棟や別棟のホスピスがある病院は地方よりも大都市圏に多い傾向があります。ホスピスやホスピス病棟が20件近くある都道府県は東京都と福岡県で、10件以上ホスピスを持つ都道府県は大阪府と愛知県のみとなっています。

 

逆にホスピスやホスピス病棟が2件以下しかない都道府県は、秋田県、青森県、香川県、徳島県、富山県、島根県、鳥取県、福島県、山梨県と比較的人口の少ない県となっています。

 

ホスピスへの転職を希望する看護師さんで今住んでいる地域にホスピスやホスピス病棟が無い場合は、緩和ケアチームを持っている病院を探す方法しか無いようです。

 

緩和ケアチームを持っている病院は全国に135件ほどありますので、たとえ大都市圏でないとしてもまだ見つけやすいかもしれません。また、この他にも個人病院でも在宅ホスピスを運営しているところもありますので探してみると良いでしょう。

 

緩和ケアチームや在宅ホスピスを持っているかどうかは各病院のホームページでも確かめることが出来ます。また、日本ホスピス緩和ケア協会でも全国のホスピスやホスピス病棟を持つ病院の情報や緩和ケアチームを持つ病院の情報を確認することが出来ます。