給料をアップさせるには

ホスピスでは限られた時間を過ごす患者さん一人一人と向き合って身体と心のケアを行います。ホスピスの求人に関心のある看護師さんはこのことをよく理解しておく必要があります。

 

看護師という職業は他の職業と比べて人間の死に対面することが多い職業と言われていますが、ホスピスでの勤務は一般病棟とは異なり担当する患者さんが命をまっとうするまで看護責任を負うものとなります。

 

そのため勤務体制も一般病棟の看護師さんとは異なります。ホスピスで働く看護師さんの平均年収は500万前後というデータが出ており、一般病棟の看護師さんが470万円ほどであることからさほど違いのあるものとはなっていません。

 

ではどうすればホスピス求人における看護師さんの給料をアップさせられるかというと、勤務内容を変えることによってお給料が高くなる場合があります。

 

ホスピスでの勤務には医療施設勤務以外にも在宅ホスピスの仕事があります。これは自宅で死を迎えたいと願う患者さんのケアを行う仕事ですので訪問介護とは異なり、医療技術やケアを通いや泊り込みで提供するものとなります。

 

このため運営している病院や施設によっても給料や勤務条件が異なりますが、一般病棟で勤務するよりもお給料が高くなることがあります。

 

また、ホスピスを持つ病院では研修制度や教育制度が充実しているところもありますので、今後のキャリアアップを目指す看護師さんにとっては良い条件となるでしょう。看護師専門の転職サイトであればこのようなホスピス求人も見つけることが出来るでしょう。

 

また、ホスピスはキャリアアップや給料アップ以外にも自分自身を成長させることが出来る職場でもあります。